マヌカハニー カンジダ|副作用や再発の心配なしで自宅でできる治療方法について

膣カンジダは日本人女性の5人に1人が感染経験のある疾患です

女性のデリケートゾーンは、黒ずみやニオイなど何かとお悩みの多い部位ですが、膣カンジダもそうしたお悩みの一つ。
実は、日本人女性の5人に1人が感染の経験があるというデータもあるくらいです。

 

頬づえ

 

同性同士でも気軽に話せる話題ではないだけに、意外と多くの人が一人で悩んでいたりするようですね。

 

 

◎カンジダとは?
腟カンジダとは、カンジダ菌という真菌によって起こる腟炎です。
そもそもカンジダ菌は、人の皮膚や粘膜に存在する常在菌ですが、何らかの要因によって腟内のカンジダ菌が異常増殖すると、腟カンジダを発症してしまうのです。

 

【膣カンジダの発症原因】

  • 妊娠などによるホルモンバランスの変化
  • ストレス
  • 糖尿病
  • ステロイドの使用による免疫力の低下
  • 抗生物質の使用による常在菌バランスの変化
  • ムレや運動による発汗といった高温多湿な環境の変化
  • 性的接触による感染
  • 避妊薬(ピル)の多用
  • 陰部の洗い過ぎによる腟内の自浄作用の乱れ
  • 甘いものやアルコールの摂り過ぎ

 

また、腟カンジダは一旦治癒しても、ホルモンバランスの変化や免疫力の低下などの要因により、カンジダ菌が異常増殖し再発してしまいます。
再発を繰り返す人が多いのも一つの特徴ですね。

 

医師

発症する場所としては、指の間や爪、肌が接触する部分などに発症し、粘膜の場合は、口の中や食道、膣などで発症。

 

特に多くの女性を悩ませている膣カンジダの症状は、かゆみやヒリヒリとした痛み、また粘度の高い、白い、酒粕(カッテージチーズ)状のおりものが特徴です。

 

膣カンジダの治療にはマヌカオイルが最適!その理由は・・・

このような症状の膣カンジダに対しては、病院を受診し薬を処方してもらうのが一番確実な治療方法です。

 

とはいえ、なかなか病院には行き辛いんですよね(>_<)

 

行くのをためらっているうちに症状がひどくなっっては大変です。
かといって、素人判断で適当な市販薬を使っては症状が悪化する場合も考えられ、デリケートゾーンのトラブルには心配が尽きません。。。

 

 

だから、こんな時にはマヌカハニーのもつ強力な殺菌力がありがたいのです!

 

女性

 

とはいっても、具体的に治療に使うのはマヌカハニーではなく、マヌカオイル

 

薬効木として名高いマヌカから採取される精油(=マヌカオイル)は、マヌカハニー同様、抗菌・抗ウィルス作用に優れた効果が報告されており、カンジダ菌に対しても0.625%のマヌカオイルでカンジダ菌を殺菌できることがドイツのヘイデルバーグ大学の研究で証明されているのです。

 

 

しかも、カンジダの一般的な治療方法である抗生物質は、一時的に症状が治まるものの、免疫力が下がると再発してしまうのに対し、マヌカオイルは再発の可能性が極めて低いというデータが出ています。

 

さらに、マヌカオイルは天然成分のため、抗生物質にあるような副作用はありません

 

つまり、マヌカオイルは安心して膣カンジダの治療に使用できるわけです。

 

カンジダ治療におすすめのマヌカオイルは?使い方は?

医師

 

では、具体的にどのマヌカオイルをどのように使用すればよいのかというと・・・

 

一番のおすすめは、何といってもストロングマヌカオイルです!

 

 

マヌカオイル

 

使い方としては、肌に直接塗るでOK!

 

但し、100%ピュアマヌカオイルや純度の高いマヌカオイルだと直接皮膚に塗るには人によって強すぎるので、ホホバオイルやオリーブオイルなどの植物油や白色ワセリンで希釈して使うことをおすすめしたいと思います。

 

希釈割合は、植物油や白色ワセリンにマヌカオイルを10-20%程度加える感じ。

 

>>>【第3類医薬品】白色ワセリン 500g

 

 

マヌカオイルの原油を直接塗っても大丈夫という肌の強い人もいらっしゃいますが、大事をとってまずは希釈してお使いになって下さいね(#^.^#)

 

必ず希釈してパッチテストをしてから使うのがベターでしょう。希釈方法としては、植物油(ホホバオイル、オリーブ、椿油)やて使うと良いでしょう、直接原液を塗っても大丈夫な方もいますが皮膚が弱い方は絶対に注意してください。カンジタ菌を治すどころか皮膚を余計に傷めてしまう可能性があるので注意してください。