マヌカハニー インフルエンザ|抗ウィルス薬に変わるインフルエンザ治療薬として期待!?

マヌカハニーはインフルエンザの予防に効果あり!

インフルエンザといえば、毎年寒い季節に大流行する厄介なウィルス性疾患。
特に受験など大事な行事を控えているときに限って流行る為、絶対に罹りたくない人にとってはとても脅威ですよね(>_<)

 

しかも最近は、かつての主要治療薬タミフルに対する耐性を備えたインフルエンザが流行しているため、新しい抗ウィルス薬の開発が急がれているといわれています。

 

大人がかかると予想以上に高熱が出たり、治癒するまでに何日もかかってしまう場合がある為、なかなか厄介な病気なのです。。。

 

マスク

 

そして、インフルエンザの予防法対策といえば、流行する型(タイプ)を予想しての予防接種やマスク、手洗い・うがいの励行しかなく、最終的には本人の免疫力がウィルスに耐え得るか・・・にかかってきます。

 

つまり、自身の体の免疫力が高ければ高いほど、インフルエンザに感染する危険性は低くなるということなので、出来る限り免疫力をアップさせておきたいのです。

 

そして、免疫力のアップと同時に、ウィルスの殺菌ができればいうことはないですよね。

 

世間でどんなにインフルエンザが流行し、その影響で感染しかけても、体に殺菌効果が備わっていればウィルスが増殖することはありませんし、免疫力が高ければ、ウィルスに負けてインフルエンザを発症してしまうことはないわけですから(*^^)v

 

女性

 

実は、そんな殺菌効果と免疫力向上効果が両方備わっている健康食品がマヌカハニーなのです!

 

◎マヌカハニーのインフルエンザに対する効果

  1. 含有成分「メチルグリオキサール(MGO)」が高い抗菌性・殺菌性でウィルスの増殖を抑制
  2. 整腸作用や代謝の活性化によって免疫力がアップ

 

このように、マヌカハニーの持つ効果によってインフルエンザを予防することは十分可能です。

 

とはいえ、1回食べたからすぐ効果を発揮・・・というわけにはいかないので、できるだけ習慣としてマヌカハニーを継続的に体内に摂取しておきたいですね(#^.^#)

 

マヌカハニーはインフルエンザの治療にも効果的!

また、マヌカハニーはインフルエンザの症状を緩和をはじめ、治療にも効果を発揮します。
それは、具体的には次の通りです。

 

 

喉の細菌を除去し痛みや腫れを緩和する

マヌカハニーの主成分「メチルグリオキサール」は、高い抗菌性・殺菌性とともに、抗炎症効果もあります。

 

故に、インフルエンザの際にスプーン1杯を舐めたり、水やお湯にマヌカハニーを溶かして飲んだりすることで、喉の細菌が除去され、喉の腫れや痛みが和らげられるのです。

 

マヌカハニー

 

また、病気の時には口内も荒れますが、こちらでご紹介しているように口内炎の痛みも鎮めることができますので、MGO400以上のクラスのマヌカハニーを一つ常備しておけば、とても重宝しますよ♪

 

 

抗ウィルス薬と併用することで治療効果が増す

先にも触れたように、最近のインフルエンザウィルスは、従来の抗ウィルス薬タミフルに対する耐性を備えている場合もあり、薬の効きが悪いこともありますが、だからといって、抗ウィルス薬に頼りきりの治療ばかりを行なっていては、下痢、腹痛、異常行動、肺炎などの副作用に悩まされることも起こってきます。

 

 

しかしそんな中、蜂蜜の効果を確かめる実験において、リレンザ(ザナミビル)やタミフル(オセルタミビル)など従来の抗ウイルス薬とマヌカハニーを合わせることで、単剤による治療以上の効果が期待できたとの発表がなされています。

 

つまり、病院で処方される抗ウィルス薬とマヌカハニーの摂取を併用すれば、もっと楽にインフルエンザを治すことができるということなのです。

 

女性

ならば、尚更マヌカハニーを積極的に摂りたいものですね(#^.^#)

 

マヌカハニーは自然由来の健康食品なので、薬のように副作用を心配する必要もありません。

 

そのまま舐めるのが苦手ならば、紅茶に混ぜて飲んでも美味しいので、ぜひ風邪やインフルエンザの時こそマヌカハニーを摂取して頂きたいと思います。

 

 

尚、その際は高い効果を期待するためにも、抗菌活性度の高いストロングマヌカハニーをできるだけ選択するようにして下さいね(#^.^#)