マヌカハニー 口内炎|一般的な口内炎はマヌカハニーを塗って治しましょう!

薬効性の高いマヌカの花から採取されたマヌカハニーは、普通の蜂蜜に比べて格段に高い殺菌・抗菌性を持っています。

 

それゆえに胃腸疾患をはじめ整腸作用、インフルエンザの予防、副鼻腔炎の改善など様々な疾患に対して効果を発揮するのですが、口内炎に対しても効果的です
つまり、痛い症状を抑えてくれ、治癒に向けて作用してくれるのです。

 

具体的にはどのように口内炎に対して作用するのでしょうか?
また、マヌカハニーをどのように活用すればよいのでしょうか?

 

マヌカハニーが効果を発揮する口内炎とは?

口内炎とは、文字通り口の中に起こる炎症であり、水疱ができたり、口の中の粘膜が赤く腫れたりして、食べ物がしみるなどの痛みを伴いますよね(>_<)
出来やすい人とできにくい人がいるようですが、誰しも一度は経験したことのある痛みではないでしょうか。

 

一旦できると、1〜2週間程度痛い状態が続きますので、結構憂鬱です。。。

 

口内炎

 

この口内炎、実はカタル性、ヘルペス性、アフタ性、カンジダ性といった種類があるのですが、一般的に多くの人がなってしまうのが「アフタ性口内炎」といわれるもの。
円形・楕円形の白っぽい色をした潰瘍ができ、潰瘍部分の縁が周囲よりも赤くなり、物が触れると強い痛みを感じますよね(^^;)

 

マヌカハニーが効果を発揮するのは、この一番ポピュラーな口内炎。
このタイプの口内炎は、次のようなことが原因でできてしまうといわれています。

 

機械的な刺激や傷

一番多いのが歯磨き中に歯ブラシで突いてしまい、そこが傷になって口内炎となる・・・というパターンなのですが、それ以外にも形の悪い歯が舌や粘膜を刺激してなる場合や、矯正器具や入れ歯が当たってしまい傷となって口内炎に発展するといった場合もありますね(^^;)

 

 

ビタミン不足

栄養バランスは健康にとても重要な条件ですが、偏った食生活により、皮膚や粘膜の保護成分であるビタミンAやビタミンB2が不足すると、口の中の粘膜に炎症が起こりやすくなります。

 

故に、口内炎ができてしまったときは、最近の食生活を振り返り、栄養バランスが悪いようであればサプリメントなどの手を借りて調整しなければなりませんね。

 

 

寝不足や疲労による免疫力の低下

忙しさで疲労がたまっていたり、夜更かしをしたりして睡眠不足の状態に陥っているときは、身体の免疫力が低下しているため、口内炎ができやすくなってしまいます(>_<)

 

この状態が改善されずにいると、ヘルペスができて痛みが増したり長引いたりしますので、睡眠時間を増やすなどして疲労を解消し、免疫力を挙げていかなければなりませんね。。。

 

口内炎の治療になぜマヌカハニーが効くの?

josei

口内炎の中には、膠原病やエイズなどの免疫不全をともなう全身疾患に付随して発生する口内炎もあるため一概には言えませんが、上記のようなことが原因でできる口内炎は、マヌカハニーを食べることによって治療することができます(^^)v

 

なぜなら・・・

  1. 口内炎の患部に塗るとマヌカハニーが蓋の役割をしてくれるので外部の刺激が緩和されるから
  2. マヌカハニーの成分「メチルグリオキサール」が口内の細菌や雑菌を殺菌してくれるから
  3. シリング酸メチルという抗炎症成分が口内炎の炎症を沈めるとともに活性酸素を体外に排出して傷の回復を促してくれるから
  4. マヌカハニーには必須アミノ酸やビタミンやミネラルなどの栄養素が90種類以上も含まれているため、新たな口内炎に対する予防ができるから

 

つまり、マヌカハニーが本来持つ特性が口内炎の治療にバッチリ合致しているんですね(#^.^#)

 

口内炎治療にはどんなマヌカハニーを選べばいい?

とはいえ、マヌカハニーの抗菌活性度にもさまざまなレベルがあるため、どれを使っても口内炎が治るというわけではありません。

 

さすがにUMF10以下やMGO100+以下だと殺菌・抗菌作用も低く、健康管理目的程度の効果しか得られませんので、せめてUMF20以上、MGO400+以上レベル(中活性度以上)のマヌカハニーを選ぶようにしましょう(#^.^#)

 

>>>中活性度以上のマヌカハニーはeマヌカ.COMで購入出来ます!

 

 

さらに活性強度の高いストロングマヌカハニーならもっと高い効果が期待できるのでよりイイですね!

 

>>>活性強度の高いストロングマヌカハニーはコチラで購入できます!

 

マヌカハニーは口内炎患部にぬった方がいい!?

では、口内炎の治療のために中活性度以上のマヌカハニーを買った場合、どのように用いればいいのでしょうか?

 

その一番ベストな方法は、マヌカハニーを口内炎の患部に直接塗ることです(#^.^#)
普通にスプーンですくって食べるだけでも悪くはありませんが、どうせならより効果的な用い方をしたいところなので、患部に塗ることがおすすめです。

 

 

ちょっとひどい口内炎の場合は、マヌカハニーを塗るとしみますが、それでも蓋の役割をしてくれることで外部からの刺激が緩和されますので、塗って舐めたりせずできるだけそのまま放置しておく方が効果的なんですよ(#^.^#)

 

 

いずれにせよ、口内炎は、誰にでもできるちょっとした口内疾患ですが、それだけではなく、抗がん剤治療の副作用として酷い口内炎ができる場合もあります。
そういった方々は、ストロングマヌカハニーで痛みを和らげ改善を図っているということですので、ぜひ口内炎のひどい方は活用して下さいね(#^.^#)