マヌカハニー パック|炎症がちな荒れ肌やニキビ肌におすすめの抗菌性パックで美肌に!

マヌカハニーを使ったパックの効果がすごい!

ニュージーランドに生息するマヌカの花から採取された蜂蜜「マヌカハニー」は、主成分であるメチルグリオキサールが非常に高い抗菌性を持っていることから、腸内フローラの悪玉菌や胃腸炎の原因となる黄色ブドウ球菌、インフルエンザウィルスなどを殺菌することができます。

 

しかも、活性度の高いアクティブマヌカハニーになるとその効果は薬剤の抗生物質並みに高く、胃癌の原因となるピロリ菌をも駆除できるほどです。

 

医師

 

しかし、マヌカハニーの効果は、体内における健康効果だけではありません。

 

外用薬として肌に塗ることでも素晴らしい美容効果を発揮するのです!

女性

 

そんなマヌカハニーの素晴らしい美容効果が最も強く感じられるのが、スペシャルケアとして行うマヌカハニーパック。

 

 

一般的にパックといえば、肌の乾燥やしわなど年齢からくる肌の衰えが気になったときにエイジングケアの一手段として行いますが、マヌカハニーを使って行なう美容パックはさらにすごい!

 

マヌカハニーでパックを行なえば、肌のうるおいが増してプルプルになるのはもちろん、炎症がちな荒れ肌やニキビ肌の改善にも効果があるのです!

 

その効果を可能にしているのは、まずはマヌカハニーの2大成分

  1. メチルグリオキサールが炎症のもとになる黄色ブドウ球菌やアクネ菌を殺菌
  2. シリング酸メチルが傷やニキビの炎症を鎮静化

 

さらに、マヌカハニーに豊富に含まれるビタミン成分やアミノ酸が肌の新陳代謝を活性化します。

 

そのため、肌は見違えるほど健康になり、ハリや潤いが戻ってくるのです(*^^)v

 

マヌカハニパックのやり方

では、具体的にどのようにマヌカハニーパックを行なえばよいのでしょうか?

 

様々なやり方がありますが、実際に私が行なって最も効果を感じた方法をご紹介したいと思います(#^.^#)

 

 

【材 料】
マヌカハニー(活性度の高いものほど効果が高い) ティースプーン山盛り1杯
ホワイトクレイパック 1回分5gくらい(ヨーグルトよりクレイの方が効果的)

 

 

【やり方】
@材料を容器に入れてよく混ぜ合わせる
Aお化粧を落とした肌に@を乗せ、目の周りと口の周り以外に広げる(肌は乾いた状態で)
B10分ほど時間をおいてから、ぬるま湯でキレイに洗い流す
Cあとは通常通り、化粧水と美容液・クリームなどで保湿を行なう

 

これ、実際にやってみるとよくわかりますが、驚くほど効果的です!

 

マヌカハニーパック

 

MGO100、MGO300、MGO550と様々なレベルのマヌカハニーを使ってやってみましたが、やはり抗菌性が一番高いMGO550の時が最も肌の状態が良かったです♪

 

今回使ったのは、こちら ↓「ヴェーダヴィのマヌカハニーMGO550」です。

 

マヌカハニー

 

 

そして、使ったホワイトクレイパックはこちら ↓「パラオミルキー ピュアホワイトクレイパック」です♪

 

ホワイトクレイパック

 

こちらのホワイトクレイパックは、私が普段くすみとりに使っているお気に入りのクレイ。
普段でも十分効果が高いと思っていましたが、マヌカハニーを加えることで保湿効果が増し、一層肌はプルプルになりました!

 

 

これらを混ぜると、こんな感じです。

 

ホワイトクレイパック

 

おすすめは、これを入浴中に塗って、湯船に浸かって10分ほど置く方法。
体を温めながら行なうと血行もいいですし、お風呂の蒸気が肌の毛穴を開かせてくれるので、効果が一層高まりますよ♪

 

そして、何よりこの方法がおすすめなのは、肌荒れやニキビの炎症が治まる点。

 

通常の美容液が染み込んだパックだとこうした抗炎症効果は期待できませんが、マヌカハニーならそれが可能です。

 

ヨーグルトを使って行なうパックは、肌に刺激となることもありますが、ここで使っているホワイトクレイは、パラオ島のミルキーウェイと呼ばれる入江から採れる大自然の恵みそのままの無添加クレイです。

 

肌の負担軽減にこだわった良質なものですので、安心してお使いいただけますよ。

 

 

抗菌性の高いマヌカハニーほどお値段も高額ですし、効果は持続しますので毎日行う必要はありませんが、週に1〜2度はスペシャルケアとして行なうには最適の美肌ケアです。
お肌の栄養のために時間をとって行なってみてはいかがでしょうか(#^.^#)