マヌカハニー ピロリ菌|抗生物質による除菌よりマヌカハニーによる除菌がおすすめな理由とは?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんの原因となってしまう細菌「ピロリ菌」
人間ドックや健康診断でピロリ菌の存在を指摘され、除菌をすすめられる人も多くいらっしゃいますよね(>_<)

 

 

日本においては、衛生環境が整っていなかった時代に感染者が多く存在しており、現在では減ってきてはいるものの、依然50歳以上の人の80%が保菌者といわれています。

胃腸疾患

ピロリ菌は、免疫力が低下してくると胃腸の病気を誘発し、やがては胃癌をも発生させてしまうため、出来るだけ除菌した方が良いのですが、実はこのピロリ菌の除菌が意外と厄介なのです(>_<)

 

抗生物質によるピロリ菌除菌には問題点がいっぱい・・・

現在、病院でピロリ菌除去を行なう場合、抗生物質を服用する方法が用いられます。

 

ピロリ菌の除菌には、一般的に2種類の抗生物質と、胃酸の分泌を抑える胃の薬が1種類・・・という計3種類の内服う薬が用いられます。

 

  1. 細菌の繁殖を抑える抗生物質・・・アモキシシリン水和物など
  2. ピロリ菌の除菌効果を高める抗生物質・・・クラリスロマイシン、メトロニダゾールなど
  3. 胃酸の分泌を抑える薬・・・ランソプラゾール、オメプラゾール、ラベプラゾールナトリウムなど

 

このような薬を組み合わせて3種類を1日2回朝・夕食後、7日間服用を続けるのですが、実はそこには数々の問題点が存在するのです。。。

 

 

飲み間違いや飲み忘れのないようきっちり飲まなければ効果がない

抗生物質を服用する際は、きっちり7日間飲み切ることが必要とされていますので、途中で飲み間違いをしたり、飲み忘れることが1回でもあると効果がなくなり、やり直しをしなければならなくなります。

 

 

抗生物質を飲む7日間はアルコールがNG

アルコールを摂取すると、胃酸の分泌が促進され、薬の効果が弱くなること、また薬自体が肝臓に負担をかけるのに加え、アルコールによって肝臓への負担がさらに増えてしまう・・・といった理由から、除菌中はお酒を控えた方がよいといわれています。

 

女性

 

服用する抗生物質によってアレルギーなどの副作用が起こり得る

ピロリ菌を除菌するために飲む抗生物質は、他の腸内細菌にも影響を及ぼすため、軟便下痢味覚障害肝機能の数値が悪化、といった副作用がよく起こってしまいます。

 

また、抗生物質により体の免疫機能自体も一時的に下がってしまうというデメリットもありますね。

 

 

7日間きっちり薬を飲み終えても80%程度しか除菌できず、失敗の場合もある

この抗生物質による除菌方法で一番問題となるのは、しっかり薬を7日間飲み切った場合でも、除菌率が100%ではないという点です。

 

万が一服用した抗生物質に対する耐性を持たれてしまった場合には、その薬は効果がないということになりますので、せっかく一生懸命薬を飲んでもピロリ菌がなくならなかった(=除菌に失敗した)・・・という事態も起こり得るのです。

 

女性

 

ピロリ菌除菌後に逆流性食道炎になることがある

さらに、ピロリ菌を除菌した後、胃の中の細菌バランスが崩れたり、ピロリ菌によって胃に炎症を起こし、胃酸の分泌が少なくなっていた状況が除菌によって改善することで、胃酸が正常に戻り、一時的に逆流性食道炎になる可能性があります。

 

ほとんどは一過性の軽症のようですが、しばらくは胸やけなどで苦しい思いをしますので、注意が必要ですね。

 

 

つまり、化学的な抗生物質といえども、ピロリ菌に対しては完璧ではないということです。

 

そして何より、抗生物質は悪い菌と同時に体内の良い菌までも見境なく殺菌してしまうため、私たちに本来備わっている免疫機能も低下してしまう点が心配ですね。

 

万が一、一度目の7日間(一時除菌)でピロリ菌が除菌できなかった場合、異なる抗生物質で2次除菌をしなければなりませんので、体はさらに長く無防備な状態を強いられることになりますね(>_<)

 

ピロリ菌の除菌にはマヌカハニーがおすすめ

女性

以上のように、抗生物質は私たちの体にとって、良い菌をも傷つけてしまう、いわば「両刃の刃」でもあります。

 

まして、その除菌効果は完全ではないので、できるだけ体内に入れたくないという考え方があるのも頷けますね。

 

 

そこで、ピロリ菌を除菌したいならば、副作用の心配のない天然の抗生物質として、マヌカハニーをおすすめしたいのです。

 

 

イギリスの医療雑誌ではマヌカハニーのピロリ菌に対する繁殖の抑止や殺菌に効果的だという研究結果が掲載され、ディスク拡散法を用いた結果、5%の濃度のマヌカハニーではピロリ菌を殺菌したという研究結果が報告されました。

 

また、国内外でもマヌカハニーを用いてピロリ菌の治療に成功した人の例を見受けられます。

 

女性

 

このように、抗菌効果の高い特有成分「メチルグリオキサール」を多く含むマヌカハニーは、ピロリ菌の除菌にとても効果的。

 

抗菌活性度の高いものを選べば、特にその効果は確実なものになるのです。

 

 

抗菌活性度の高いマヌカハニーは、独特の風味も一段と強くなり、お値段も高額になってきますが、抗生物質の薬より身体に良いことは確かです。
胃癌予防のためにも、ぜひ頑張って食べて下さいね(#^.^#)

 

 

 

 

※どうしても「味が苦手」という方は、サプリメントタイプのマヌカハニー薬院オーガニックの粒マヌカをお試しください(#^.^#)