マヌカハニー 咳|数々の効果効能の中でも特に高い効果を示すのが咳に対する鎮静作用です!

何か異物が入り込んだときや風邪を引いたときにコンコンと出る咳。
意外と体力を使うので、長く続くと苦しいですよね(>_<)

 

女性

 

特に、風邪を引いたときに出る咳は、熱が下がってもしばらく喉がイガイガして残ることがあり、咳によって喉が痛くなってしまうときもあるので、早くとめたいと思ってしまいます。

 

 

こんなとき、多くの人が咳止め薬やのど飴を用いて何とかしようとするのが一般的ですが、実はこうした咳にはマヌカハニーが高い効果を発揮するのです(゚д゚)!

 

咳ってなぜ出るの?

まず、咳ってどうして出るの?・・・についてですが、咳はのどや気管、気管支の粘膜が刺激を受けることによる防御反射(=咳嗽:がいそう)です。

 

風邪をひいたときに咳が出るのは、ウィルスや細菌といった異物が粘膜にとりついているから。

 

また、気道に痰が貯まったときや、何かを吸い込んで思いがけず異物が気管支に入り込んでしまったときにも、それを吐き出そうと咳が出ますね。

 

咳

参考:三共ヘルスケア様

 

このように、「異物があるからそれを吐き出す」という、とてもわかりやすい仕組みの咳なのですが、風邪の時などは、喉の粘膜が炎症を起こし、それが長引いてしまうと、熱などの症状は治まっているのに喉だけがいつまでもイガイガして、ちょっとした刺激にすぐ反応して咳が出る・・・という厄介な事態に陥りがちです。

 

こんなとき、私たちはトローチやのど飴でやり過ごすことが多いのですが、実はマヌカハニーを舐めると、驚くほど楽にのどのイガイガが治まり咳が抑えられるんです。

 

マヌカハニーが咳に効くのはなぜ?

マヌカハニーが咳を鎮めるのに効果がある理由、それは配合成分の高い抗菌性と抗炎症性によります。

 

  1. メチルグリオキサール・・・高い抗菌力で細菌やウィルスを殺菌
  2. シリング酸メチル・・・抗炎症作用で喉の炎症を鎮静化

 

通常、風邪の引き始めなどの軽い症状であれば、普通のハチミツでも効果があるくらいです。
だから、私たちは「風邪を引いたかな?」と思ったとき、ハチミツをたっぷりと化したホットレモンや生姜湯を飲みますよね(#^.^#)

 

 

でも、マヌカハニーの効果は蜂蜜をはるかにしのぎます。

 

マヌカハニー

 

同じようにお湯に溶かしてホットレモンや生姜湯として飲んでもいいのですが、一番のおすすめは、マヌカハニーをスプーンですくってそのまま舐めること
長く喉に触れるようにゆっくり舐めるのがコツなんですよ♪

 

そして、マヌカハニーを舐めた後は、効果を持続させるためにもすぐに水を飲んだりして流さないこと
せめて15分程度はそのままにして下さいね(#^.^#)

 

こうしたマヌカハニーの効果は、風邪の咳だけでなく、喘息の咳に対しても効果を発揮します。

 

この点については、マヌカハニー 喘息で詳しくご紹介していますので、よろしければご参考にお読みください(#^.^#)

 

女性

 

 

尚、一般的な咳については、以上の通りですが、咳にもいろいろあり、異物除去のため以外にも胸膜炎、肺癌、気胸、アレルギー、心不全、薬物の副作用などでも咳が発生します。

 

風邪がちょっと長引いていると安易に判断するわけにはいかないこともありますので、2週間以上咳が続いて改善傾向がない場合は、医師の診察を受けるようにして下さいね。