マヌカハニー 数値|UMFやMGOは何を示す数値なのでしょうか?

マヌカの木が持つ薬効効果から高い殺菌・抗菌性が期待できると大注目のマヌカハニーですが、マヌカハニーとして売られているすべての商品にそのような効果が期待できるわけではありません。

 

普通に食卓内並ぶテーブルハニーとしてのものから医療用として用いられる高機能のものまで、様々なレベルのマヌカハニーがが存在するからです。

 

では、さまざまなマヌカハニーののレベルを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?
その手段として用いられるのが、マヌカハニーに付記されている「UMF」や「MGO」といった数値です。

 

josei

 

マヌカハニー UMFとは?

まず、UMFとは何か?ですが、これはマヌカハニーの抗菌活性度を表す為に最初に設けられた基準であり、ユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)の略で、「マヌカハニー独自の要素」を意味します。

 

マヌカハニーの抗菌性が発見された当時、その成分が具体的に何なのかはっきり特定できなかったため、マヌカハニー研究の第一人者であるピーター・モラン博士によってこのUMF規格が設けられたそうです。

 

 

具体的には、マヌカハニー特有の抗菌性の度合いが消毒薬のフェノール水溶液との対比であらわされるということであり、例えば「UMF10+」ということは、10%の濃度のフェノール水溶液と同じ殺菌力があることを意味し、数値が高ければ高いほど抗菌力が高くなります

 

マヌカハニー MGOとは?

これに対し、MGOとは、メチルグリオキザールという成分名からとった基準であり、UMF規定後に天然に生成するメチルグリオキザール(MGO)がマヌカハニーの抗菌性物質を担う主要な成分である事が発見されたことから用いられるようになったもの。

 

1kgのマヌカハニーに何mgの食品メチルグリオキサールが含まれているかを示す規格です。

 

ゆえに、例えば、MGO100+のマヌカハニーには100mg/1kgの食品メチルグリオキサールが含まれているという意味であり、MGO値が高ければ高いほど抗菌性が高いことを表します。

 

つまり、UMFもMGOもともにマヌカハニーの抗菌性の高さを表す数値
より正確に測定できているのはMGO値といわれていますが、目安としては、UMF10はMGO100に置き換えられるとのことです。

 

《UMF値をMGO値に置き換えた場合》

  • UMF10=MGO100
  • UMF20=MGO400
  • UMF25=MGO500

 

NPAとは?

josei

マヌカハニーのレベルを表す数値としては、上記のUMFとMGOが最も一般的ですが、そのほかにも抗菌性の度合いを表す数値として「NPA」といったものもあります。

 

これは、Non-Peroxide Activityの略称で、食品メチルグリオキサールを意味する非過酸化水素を意味しており、やはりNPA値が高いほど食品メチルグリオキサールの密度が高いということであり、抗菌性が高いことを意味します。

 

このNPA規格の検査は、UMFと同じものが行なわれるということで、マークもUMFと同格の扱いとなるようです。

 

MGSとは?

稀に見かけるMGSとは、ピーター・モラン博士が新たに立ち上げた比較的新しい規格であり、UMFの測定方法によって誤差が生じるのを補完する意味で設けられた基準です。

 

故に、UMFと同様、フェノール溶液の濃度を表す数値となります。
例えば、MGS10なら10%フェノール溶液と同等の数値という意味ですね(#^.^#)

 

TAとは?

最後に、TAという表記がなされている場合ですが、これはTotal-Activity(トータルアクティビティ)といってマヌカハニーだけではなく蜂蜜全般にも用いられる基準。
過酸化水素と食品メチルグリオキサールを合わせた殺菌力の検査によってあらあらわされる規格とのことです。

 

docter

つまり、メチルグリオキサールの数値の他に過酸化水素の数値もプラスされるため、同じMGO100+のマヌカハニーでも、UMF規格でいえばUMF10、TA規格ではTA20(メチルグリオキサール10+過酸化水素10)と表記されるのだとか。

 

ちょっとややこしいですね(^^;)

 

しかし、一説によると、はちみつの基準としては適切な検査方法ですが、マヌカハニーに関しては正確性を欠く検査でもあるということで、あまりマヌカハニーのレベルを表す数値としては用いられないようです。

 

ということは、マヌカハニーのレベルを表す数値としては、MGO値とUMF値を理解しておけばほぼ問題ないということですね(#^.^#)