マヌカハニー 喘息|症状緩和や予防対策におすすめです!

風邪やインフルエンザの予防に有効なマヌカハニーは、喘息の症状緩和や予防対策にも効果があるといわれています。
しかも、喘息に悩む子供には特にマヌカハニーの摂取が推奨されています。

 

それはなぜなのでしょうか?
喘息という病気の特性を確認しながら、マヌカハニーの摂取が推奨される理由を整理してみましょう(#^.^#)

 

喘息ってどんな病気?

よく耳にする病の一つである喘息は、正式には気管支喘息といって、気管支の粘膜が慢性的に炎症を起こすことから、気管支の内腔が狭くなり、気管支が様々な刺激に対して過敏になるため、咳や痰、呼吸困難といった症状に悩まされる病気です。

 

現在、日本では子供で5〜6%、大人でも3%程度の患者がいるといわれており、その約6〜7割が背景にアレルギーを抱えているアトピー型とされています。
いわゆる、アレルギー性気管支喘息ですね。

 

喘息

 

この直接的発症原因は、ハウスダストやダニ、花粉、犬や猫のフケに含まれるたんぱく質、タバコ・・・とさまざまですが、問題は気管支が慢性的な炎症を起こしてしまっている点

 

これがあるために、普通なら何ともないような刺激に対して敏感に反応してしまい、咳や呼吸困難などの辛い症状が出てしまうのです(>_<)

 

喘息の治療にはマヌカハニーが有効!その理由は・・・

こうした症状に対して、気管支拡張薬を用いて症状を和らげる処置が行われますが、それだけでは慢性的な気管支の炎症を放置することになってしまうため、将来もっとひどい症状が出てしまう可能性も心配されます。

 

故に、ステロイド剤の吸入も併用されることが多いのですが、ステロイドについては副作用に対する懸念も多いことから、あまり多用したくない治療方法ではありますね。。。

 

喘息

 

とはいえ、喘息は大人になるとなかなか治りにくいことがわかっており、慢性的な気管支の炎症もある程度炎症が持続してしまうと粘膜が厚くなり、元に戻らなくなることが判明しました(>_<)

 

つまり、喘息は子供のうちに確実に完治させてしまいたい病気なのです。
それも、できればステロイド剤の力を借りずに・・・です。

 

そこで、マヌカハニーの摂取がおすすめなのです!

 

なぜならば・・・

  1. マヌカハニーの殺菌作用・抗炎症作用が気管支の炎症を鎮めるのに効果的だから
  2. 天然の成分であり副作用の心配がないから

 

マヌカハニー

 

実際、喘息の辛い症状に悩む子に継続的にマヌカハニーを食べさせたら、1年後に喘息が完治したという報告事例もあります。

 

全ての喘息のケースにあてはまるものではないとは思いますが、かなり子高い効果が期待できることは確かなようです(#^.^#)

 

喘息の予防対策にマヌカハニーを活用する方法

以上のように、辛い喘息の症状を和らげたり、完治させたりするためには、気管支の炎症をなくすことが必要なのですが、その為にマヌカハニーを活用するのであれば、中程度以上の抗菌活性強度を持つマヌカハニーを1日3回継続的に摂取しなければなりません

 

それが高活性のストロングマヌカハニーならば、なおのこと効果的ですね。

 

親子

 

とはいっても、ストロングマヌカハニーはクセがとても強いため、大人ならまだしも子供が継続的に摂取するのは難しい面があります(^^;)

 

ゆえに、こちらでご紹介しているような、MGO600などせめて食べやすい中程度の抗菌活性を持つマヌカハニーがよいかと思われます。

 

これならクセほどほどで食べやすく、かつ医療レベルの十分な殺菌・抗菌性も発揮してくれますのでおすすめですよ♪

 

 

>>>MGO600+はマヌカハニー専門店【BeeMe】から